教育学部 教育実践・政策学コース
未来への扉が、ここにあります。

コースの特色・内容

教育実践・政策学コースは、教育という現象・作用の本質を、徹底的に「現場」と「制度・政策」の関係を通じてとらえようとする研究領域です。教員の領域は、生涯学習論、教職開発、図書館情報学、教育行政学、学校教育学からなっています。教育学部の他コースが、人文・社会・自然科学の個別の方法を重視しているのに対して、教育実践・政策学コースはさまざまな方法を使いながら現実的に対象にアプローチします。

ここで「現場」とは、(1)小・中・高で展開される教育実践、(2)地域や公民館・図書館・博物館・文化ホールなどの施設で行われる文化活動や社会教育活動、(3)教育法や教育制度、(4)教育委員会や文部科学省の行財政政策、そして、(5)地域における市民の自主的、相互的な学びの場、(6)民間の生涯学習や職業教育、遠隔教育などの教育事業、(7)メディアやインターネットを通じた情報環境がもつ不定形の教育作用など、多様な形態のものが対象になります。

カリキュラムにおいては、概論として「教育・文化・社会」を学んだあと「教育行財政学」「授業開発学」「社会教育学」「図書館情報学」の4科目で体系的な知識を身につけます。

基礎演習では学習者自身が現場を経験することを重視しており、見学、実習、観察、調査を日常的に行い、また、現場や行政から関係者を招いて話しを聞く機会を多く持っています。

学芸員や司書などの資格科目を提供していることも特徴のひとつです。

就職・進学先は、大きく教育現場および公務員、民間企業、大学院に分かれます。中央省庁あるいは都道府県、政令都市の公務員志望者が多い点も指摘できます。

なお、右図にあるように、本コースは大学院の「生涯学習基盤経営コース」の教員と「学校教育高度化専攻」に所属する三つのコースの教員が担当しています。大学院への進学もこれらが中心になっています。

コースチャート図 生涯学習基盤経営コース 教職開発コース 学校開発政策コース